美容対策方法はいくつかありますが、最も簡単な美容方法と言えばやはり適度な運動なのではないでしょうか?
確かにエステや家庭用美容グッズなどを利用することで美しさを手に入れることは出来ますがまずは運動から始めてみましょう。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。
静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。 美容の悩みの中には、自分自身の努力では改善することの出来ない症状もあるものです。
無駄な努力というワケではありませんが、確実に安全な美容を求めているのでしたら美容整形をオススメします。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:06月16日

減量をして、
体重を落とすことはできても、
ももの脂肪はしぶとく、
細くするのは難しいと言われています。

それは、体重や体脂肪を落とす減量と
根本的に痩せる方法が違うからなのです。

ももは、
肉体の中でも太く大きい筋肉を持っているため、
その筋肉を鍛えることで、
それだけ脂肪を燃焼させることができます。

また、
筋肉をつけることで基礎代謝もアップしますので、
脂肪がつきにくく、足を細くすることができます。

下半身にむくみがあると
いくらに減量励んでも
下半身やももは細くなりません。

むくみがあると
足の付け根にあるリンパ節に老廃物が溜まり、
リンパの流れが滞るので、老廃物等が蓄積します。

それが続くと
足の付け根にセルライトができて、
下半身が太くなってしまう原因に…

むくみ解消には
お風呂でのマッサージや
足を少し高くして寝るのが効果的です。

過度な筋肉はかえって太く見えてしまいますが、
脂肪を燃焼するためには、筋肉の働きも欠かせません。

普段なかなか、使わないももの内側の筋肉。
この部位を鍛えてあげることがポイントです。
ももの内側にある内転筋を鍛えるには
「足を閉じる力」を強化しましょう!

筋肉のつき方として、ももの前面についてしまうと、
横に広がって太く見えてしまいますが、
ももの裏側に筋肉をつけていると横に広がらず、
筋肉をつけていてもももは太く見えません。

歩くときに意識を集中して、
ふくらっぱぎや尻の筋肉を使って
地面を蹴るように歩くといいですよ。
15分〜20分以上のウォーキングは
有酸素体操にもなり効果的です。

筋肉を付けることで、リンパ腺の流れをよくし、
セルライトも減らすことができますよ。


このページの先頭へ戻る