美容対策方法はいくつかありますが、最も簡単な美容方法と言えばやはり適度な運動なのではないでしょうか?
確かにエステや家庭用美容グッズなどを利用することで美しさを手に入れることは出来ますがまずは運動から始めてみましょう。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。
静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。 美容の悩みの中には、自分自身の努力では改善することの出来ない症状もあるものです。
無駄な努力というワケではありませんが、確実に安全な美容を求めているのでしたら美容整形をオススメします。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:09月18日

あるノルウェー人の栄養アドバイザーは、
日本人女性は「痩せる」と言うことに対して、
「必要以上に強迫観念を持っているように見える」と言っています。

さらに
単に細い身体にして、弱々しい身体にしているけれど、
決して美しくない。
女性は女性らしい魅力のある身体であるべき…とも言っています。

痩せた身体が美しいという価値観の中で、
無理なダイエットや偏食によって、
体重は少ないのに体脂肪が高い「隠れ肥満」が増加していることは確かです。

たとえ洋服が7号サイズでも
骨格に見合う痩せ方でなければ、単に貧弱なだけです。

そしてアンバランスになった身体を何とかしようと、
またダイエットに励み、いっそうバランスの悪い身体になるので、
メンタルの部分で、本当にダイエットが必要なのか?を
しっかり考えるべきですね。

ダイエットを成功させたいなら、
食事制限するにしても「食べない」のではなく、
「何を食べるか」を考える必要があります。

基礎代謝を落としたり、筋肉を落とせば、
たとえ痩せたとしても、皮膚がたるんだり、シワが増えたり、
リバウンドということにもなり兼ねません。

適量でバランスの良い食事と体操こそが、
ダイエットを成功させるポイントです。

日本人女性は筋肉を嫌いますが、筋肉がついていなければ、
身体の故障を引き起こす原因になってきますし、
また恐ろしい骨粗しょう症が待っているのです。

「痩せる」ことを目的にするのではなく、
「バランスの良い身体」を作り上げることが、
ダイエットの真の目的だということを理解し、
体重の増減に支配されることのないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る